みなさま、こんばんは。

今夜も、お会いできて嬉しく思っております。

今夜は、お食事にデザートがあるように、
お話にも、「デザート」があってもいいかなと思って、
今夜、お会いできるのを楽しみにしておりました。

みなさまは、どんなデザートがお好きですか?

やっぱり、ケーキに、お菓子に、くだものですよね。
そうそう、アイスクリームとかね。
和菓子も最高ですね。

お酒を飲む方は、デザートは、
「ラーメン」とか、
「お茶漬け」なんて、無理やり言う人もいらっしゃるかも?(笑)

ここ、鶏料理てんでは、

なんと、福島名物「凍み餅」をデザートにしております!

きゃー!あんなに食べたのに、
もう、そんな、「餅」だなんて、食べられませーん!って思っちゃいますよね。
それが、それが、若い女性にとっても、人気のお品なんですよ。

普通、福島では、砂糖醤油でいただくんですけど、

ここでは、
アイスクリームとあんこで、お召し上がりになっていただくんです。

どう?
美味しそう?
お写真が見たい?
だいたい、この辺で、得意のピンボケ写真がでてくるところじゃない?

と、いろいろご想像していらっしゃったり、
さり気なく、ダイアナの痛いところをついたり、
ほんと、さまざまな感想をお持ちのことと思います。

でも、以前も申し上げましたように、
人は、イマジネーションが大切です。
それも、「いいこと」のイマジネーションです。

今夜は、その訓練をいたしましょう。
いい夢を是非ご覧ください。
甘くて、とろけそうな、素敵な夢を・・・




私は、もう、すっかり、とろけそうです。
おやすみなさいzzz

ダイアナより



追伸 この話は、またいつか詳しくお話しますね。約束です。
    明日は、夏には必ず行きたい「お台場」のお話ですよ。
    海の夢も見てね。
by date-tori | 2008-07-31 23:39 | 伊達鶏 | Trackback | Comments(2)

こんばんは。

さぁーて、今夜が、ダイアナの東京の旅の最後です。

昨日のお話の舞台は、もちろん、鶏料理てんですが、
夕飯の席のお食事でした。
この席には、仕事仲間もいて、家族もいたのですが、
初めてお会いした方も、いらっしゃいました。

みなさんは、初対面の方とのお食事は、如何ですか?
緊張しますか?
ちょっと、恥ずかしいですよね。
どんな人か、少し、探りを入れたりして。

でも、実は、ダイアナは、「初対面」が一番得意!(笑)

どうしてかって?
それは、どう表現したらいいですかねぇ。
そうね・・・
初対面の方は、「私」を全然、全く、ひとつも、知らないじゃないわけじゃないですか。
ということは、どう、「私」を表現しようとも、「いい」のです。
特に、女優の道を歩もうと、一度は思った「私」のこと。
相手の方は、何の先入観のないところへ、
勝手に、自由に、シナリオを書ける楽しみがあるっていうニュアンスでしょうか。

それが、たまらなく、楽しくて、「初対面」が、一番好きで、得意です。

そんな思いで、いろいろ、その方に、
言いたい放題してしまったような気もしないではありません^^;
失礼の数々、どうぞお許しください。
この場を借りて、陳謝いたしますです候(笑)

でも、そんな「私」を、きっと、「あいつ」は、許してくれるでしょう。

d0133863_23295564.jpg


「あいつ」だなんて、またまた、失礼いたしました。
「伊達鶏料理の王者」・・・・・そうです、あの「丸焼き」です。
この出来立ての丸焼きを、是非、みなさまにもお召し上がりになっていただきたい。

かりかりの皮。
ジューシーな肉のかたまり。
柔らかい歯ごたえ。
骨までしゃぶって・・・・・

ああ、もう、たまりませーん。 美味しすぎましたー!

ありがとう、伊達鶏さーん。

まだまだ、伊達鶏物語は続きます。
だれが、最終章だなんて、タイトルをつけたのでしょう(笑)
みなさま、油断しては、いけません。
このままでは、終わりませんので、明日、また会いたいと願うダイアナでした。


おやすみないzzz
by date-tori | 2008-07-30 23:29 | 伊達鶏 | Trackback | Comments(0)

今夜も、こんばんは。

お待たせいたしました。
続きのお話を・・・。

ここ鶏料理てんはですね。
東京では、ほんと珍しい福島のお店なんですよ。
伊達鶏は、もちろん、福島の食材や料理が、
お客様の心をくすぐるように、さりげなく、現れるんです。

東京で、頑張ってる福島出身のビジネスマンの方や、
福島の大学を出て、東京で社会人になって頑張ってる若者のみなさんや、
福島から東京に嫁いだ綺麗なお嬢さんたち。(昔の私のように・・・笑。)

そんな、お客様が、福島のお店とは知らずに入って、
一様に驚く「お品」があるんです。

それが、これです。
d0133863_22123687.jpg

そうです。
「いかにんじん」です。
福島以外の方は、きょとんとされるかもしれませんね。
でも、これを、お通しに出されると、
「わぁ、なつかしい~。」と、おっしゃる方は、福島の方だと、すぐにわかります。
お正月には、必ず、福島では作ります。

それを、鶏料理てんでは、お正月だけではなく、いつもの「お品」にしております。
福島の方は、どうぞ、なつかしい思いで、
別の土地の方は、どうぞ、福島の味を楽しみに、いらしてみてくださいね。

そして、そのあと、こんなに、伊達鶏が、お客様を歓迎いたしております。
d0133863_22123682.jpg


焼鳥はもちろん、てん特製の一本焼きも、心よりお待ちしておりますよ。
それから、最近、夏に「鍋」をお召し上がりになるお客様が増えましたので、
ここにも、伊達鶏鍋が、お客様がいらっしゃるのを、
首を長くして、お待ち申しております。


ダイアナも、こんなに、もてたかなぁと思うほどでした(笑)

暑い夏に、熱い思いを、あの方に。


・・・・・
おあとがよろしいようで。
今夜はこの辺で。

まだまだ、このお話続きます。また、明日。

ダイアナでした。
by date-tori | 2008-07-29 22:12 | 伊達鶏 | Trackback | Comments(0)

みなさま、お久しぶりです。
こんばんは。

大好きな「お江戸」に、行って参りました。
福島も暑いですが、流石に、東京は、やっぱり、暑かったです。
太陽が近いって感じでした(笑)

でも、みなさん、「旅」の楽しさって、目的地に辿り着くまでの、
「時」や、「乗り物の中」にあると思いませんか?
私は、幼い時からそうでした。

家族とめったに行かなかった「旅行」は、父の運転のドライブでした。
だからこそ、車の中の「行き」が、最高に嬉しくて、
もうたまらなく「帰り」が、さみしかったのを記憶しております。

今回は、「新幹線」。
わくわく、どきどき。
さぁ、ビールを飲むぞって思ったのですが、暑さで参ってしまうといけないと思い、
今回は、少し我慢しました(笑)
でも、面白いのは、これを読むことですね。
d0133863_21395127.jpg

今回の「トランヴェール」の面白かったのは、
「真冬の冷やし中華」と題しての内館牧子さんのエッセイでした。
冷やし中華の発祥地は、実は「仙台」という話。
江戸っ子の方は、何でも、東京が一番と思っていたのに、
まさか仙台だなんてと、ちょっとびっくりされて・・・

彼女はうなった。「さすが、盛りつけも和食の粋だわ」
お江戸は「粋」だけど、この地では「伊達(だて)」と言って頂きたいわ。
東京ではあまり見ない「つゆだく」の冷やし中華や、
麺が見えないほど豪勢に三陸の魚貝がのったものなど、
雪の仙台で朝昼晩とつきあった。
                              ~巻頭エッセイより~

「伊達」です、「伊達」。
なかなか、「粋」な意味があるんです。
ますます、「伊達鶏」の旨さに惚れてきませんか?

さあ、東京に着いたのが、ちょうど昼時。
先ず、私は、まっすぐ、コレド日本橋の「鶏料理てん」に向かい、
「鶏丼」をいただきました。

d0133863_21395131.jpg

美味しかった~!

伊達鶏のつくねに、照り焼き、唐揚げ、鶏そぼろ、むねのたたき、温泉たまごが入った
「鶏づくし」の盛合せ丼ぶりなんです。
食べない訳にはいきませーん。

ああ、また、食べたい・・・

まだまだ「伊達鶏物語」は続きます。
今夜は、この辺で、すみません。
続きは、つばを飲み込んでお待ちくださいませ(笑)

夏バテしませんように。
ダイアナより。
by date-tori | 2008-07-28 21:39 | 伊達鶏 | Trackback | Comments(6)

夏に 茄子が届きました

こんばんは。

最近、ほんとうに、暑いですね。
みなさま、生きてらっしゃいますか~?
私は、死にそう(笑)

それに、ここ福島は、(実は、ダイアナは、福島住人です。)
近頃、地震が多くて、とても怖い思いをしてます^^;

そして、今日は、何と、「暑い、暑い」と言いすぎたからか、
ものすっごい大雨と、雷で、
これも半端じゃなく怖かったんです。
何回も、近くに雷が落ちたかもしれません。

でも、そんなときにも、
私には、「女神様」がいました。
そう、今日の女神様は、「茄子女神」!?

冗談は、さておき、
あんまり可愛い「茄子」だから、みなさまにも。

d0133863_206745.jpg


また、ダイアナの得意のピンボケ写真で、ごめんなさい(笑)
でも、私の愛しいと思う気持ち伝わったかしら?

今日は、この可愛い奴と、伊達鶏のコラボを楽しみたいと思います。

では、またお会いいたしましょう。
ダイアナより



追伸 そうそう、明日久しぶりに、東京の空気を吸ってきます。
    もちろん、鶏料理てんと、OZENにも行ってきますね。
    みなさんと、どこかで、すれ違うと嬉しいです。
    東京土産話を楽しみにしててくださいね。
by date-tori | 2008-07-23 20:06 | おいしいもの | Trackback | Comments(0)

福島の桃のお話

みなさま、こんばんは。

昨日から、学校は、夏休みですね。
もう、何をしようか、胸がはずんで、たまりませんね。

海やプールで、水泳。(私は、もぐり専門ですが)
山には芝刈りに、いえいえ、ハイキング。(私は、動悸息切れが)
カキ氷に、すいかに、アイスクリーム。(お腹に注意ね)
夏祭りで、盆踊りや、花火大会。(ロマンチックな出会いがあるかしら)
浴衣をきて、夕涼み。(悪い虫には注意ね)

ええと、このまま続けると、きりがありませんね(笑)

とにかく、暑いですが、
楽しいことも、満載です。

そして、夏といったら、「桃」を忘れてはいけません。

そして、「桃」といったら、みなさまは、
「山梨」とか、「岡山」を思い出すかもしれませんが、
ダイアナは、大きな声で、お伝えしたい。

「福島」も、負けず劣らず、「桃」が最高に美味しんですよ。

実は、「福島」は、「くだもの王国」と言われるほど、
くだものが、本当に、豊富に生産されるんです。
何故、あんまり、有名じゃないかというと、
福島の人は、奥ゆかしすぎるんですよねぇ。

私のように。・・・・・とは、冗談ですが(笑)

真面目なお話。
どうして、そんなに、美味しいかと申しますと、
豊かな自然の中で育ったことは、言うまでもありません。
そして、有機質肥料を中心に、科学肥料に頼らない土作りをしているので、
本当に、美味しくて、さらに、安心していただけるんです。

福島で育った私は、その味は、当たり前になっておりましたが、
東京からお越しのお客様に、お召し上がりになっていただくと、

「たまらなく、美味しいわぁ~」とか、
「すっごい、うま~い!」と大絶賛です。
その言葉に、ああ、私は、小さいときから、こんなに美味しいものを
いただいていたんだなぁと、感謝してしまいました。

口の中でとろけてしまうほどの、水水しい食感と、桃の何とも言えない甘さが、
幸せにしてしまう、魔法の果物です。
ダイアナは、嘘はもうしませんよ。(このこと以外は、つくこともありますが。笑)

是非、信じて、ご賞味くださいね。

やっと、桃のお話ができて、嬉しく思うダイアナでした。
by date-tori | 2008-07-20 22:37 | おいしいもの | Trackback | Comments(0)

こんばんは。

今夜は、お写真だけをお届けします。
どれだけ、美味しいか、先ずは、想像してみてください。

d0133863_22354387.jpg


今日、私は、「はつもの」でした。
d0133863_22354320.jpg



もちろん、東の方を見て、「笑い」ました。

美味しいお話は、もう少しお待ちくださいね。
人は、イマジネーションも大切です(笑)

では、また、お会いいたしましょう。

ダイアナより。
by date-tori | 2008-07-18 22:35 | おいしいもの | Trackback | Comments(2)

福島の桃は おいしいー

こんばんは、ダイアナです。

暑い日が続きますね。
ほんと、心から、暑中お見舞い申し上げます。

そんな暑い夏に、
福島のおいしーい「桃」を、
ぜひ、皆様に食べさせたいですねー。

ほんと、美味しいんですから。
ほんと、たまらないほど、美味しいんです!

今夜は、ちょっとだけ、そんな思いをお知らせしたくて。
また、時間を作って、ゆっくり、
福島の桃のお話をしますね。

お待ちくださいませ。

ほんと、待っててねー!
by date-tori | 2008-07-17 22:12 | おいしいもの | Trackback | Comments(0)

みなさま、こんばんは。

今日も、いいお天気で、気持ちよかったですね。
みなさまの土曜の過ごし方は、どんなだったかな?

お掃除の日?
サイクリングの日?
映画の日?
それとも、やっぱり、忙しくお仕事の日でしたか?

おつかれさま。お体大事にしてくださいね。

私は、申し訳ございませんが、
大好きな仲良しの友人たちと、我が家でランチタイムを過ごしました。

今日のランチメニューのメインは、・・・・
ご存知「伊達とり」です(笑)

まあ、少し、メインの補佐って感じかな?
それは、「明太子パスタの伊達鶏添え」でした(笑)
明太子パスタのトッピングに、粟国の塩で炒めた「伊達鶏」をのせてみたんです。
これが、彼女たちに好評でした。 (いつも、褒めていただいて、ありがとう。)
d0133863_21482988.jpg

でも、彼女たちは、ほんとに、伊達鶏を絶賛してくださり、
他の鶏肉は、食べられないよねぇって、言っていただいて、嬉しいかぎりでした。
そして、粟国の塩のことも。すっごく、安心して、食べれるし、美味しいって。

粟国のにがりの話にもなって、
我が家の小さなベランダの「金魚草」に、水と一緒ににがりを2,3滴入れると、
こんなに、生き生きと、花が咲いてるんだよって。

そしたら、ひとりの友人が、
「まあ、そうなの。私は、自分にしか、粟国のにがり水を振り掛けてなかったわ」って。
どうりで、彼女は、若々しく、美しい。

一番若い友人が、一番しっかり者。
いろいろ、名言を吐いていただきました。
ここの場所で、公表できない言葉です。変な想像はしないでくださいね。
機会がありましたら、今度、こっそりと(笑)

サイドメニューは、初夏にふさわしく、
冷奴と、フランス風サラダ(?)でした。
d0133863_21482964.jpg


明日は、日曜日。
みなさまにとっても、いい日でありますように。

今宵も、友人たちとの「ご縁」に感謝しながら、
大好きなビートルズに酔いしれるダイアナでした。
by date-tori | 2008-07-12 21:48 | 伊達鶏 | Trackback | Comments(0)

7月9日 母の命日でした

4年前の7月9日。

それは、母との別れの日でした。

永遠の別れと思って、悲しみに打ちひしがれていた日。
友人から、CDが届きました。
それは、「千の風になって」のCDでした。

私は、涙が止まりませんでした。

悲しみと、嬉しさが、交差しました。

おかあさん。
あなたは、ずっと、そばにいるんですね。
よかった。
うれしい。

母の大好きな色、それは、紫色。
お墓には、義理の姉が、ちゃんと、紫の花を、供えてくださってました。
ありがとう。おねえさん。
d0133863_003552.jpg


そして、家族で、
母の大好きな「うなぎ」を、母のうわさをしながら(笑)、いただきました。
d0133863_003929.jpg


今日の「うなぎ」も、美味しかったね。

大好きなおかあさん。

またね。
by date-tori | 2008-07-10 00:00 | 感謝・大切にしたいこと | Trackback | Comments(2)