日本 の おかず

みなさま、こんばんは。

先日、「日本のおかず」という本と、出会いました。

私の料理は、まさに、自己流です。
自分の舌に合えば、「良し」としてきてしまいました。
さらに、「伊達鶏」は、それだけで、美味しいので、
その素材に甘えてきてしまいました(笑)

でも、心のどこかで、大事なことを忘れているような、そんな気がして、
本屋さんの中を、当てもなく歩いていると、
この「本」に出会ったんです。
d0133863_2033311.jpg


あらためて、「料理」の大切さと、
そして、素材を大切に思う気持ちを、大事に育てなきゃと思いました。

この本に、あらためて、教えていただいたことがあります。

「味を迎えに行く」

それは、「素材の一番美味しい時期を知って、料理を作ること」
そして、「塩は、味付けの中で、基本の基本とのこと」と。

頭では、わかっていることを、あらためて・・・。

伊達鶏さん、ごめんなさい^^;

お詫びに、みなさまに、お伝えしたいことがあります。
伊達鶏のふるさと、福島県伊達市では、インターネットTVを放映しております。
その中の番組で、「伊達のからあげ屋」をとりあげてる番組を発見したんです。

http://www.f-date.net/

このトップページに、テレビ画面があるんですね。
その画面の左にある「母心の出没!ダテ街ック天国」をクリックしてみてください。
伊達市のいい所を放映していて、
自然のよさや、お人柄のよさ、そして、美味しいものといったら、・・・
「伊達鶏」だって紹介されております。
その美味しさが、画面から、いっぱい、たくさん、伝わってきます!!
レポーターのみなさんは、
この地元でご活躍のお笑い芸人「みちのくボンガーズ」の「母心」のおふたりと、
このインターネットTV「FDN」でご活躍の「名水ハンター」さんです。

是非、ご覧になってみてくださいね。

今宵、皆様に、幸せな「美味しい瞬間」が訪れますように、心から祈っております。

ダイアナより。
by date-tori | 2008-05-30 20:33 | 伊達鶏

音 との 出会い

みなさま、如何お過ごしでいらっしゃいますか?

今日は、「居心地のいい日」でしたねぇ~。
そんな訳で、伊達鶏のふるさとの町に、ドライブに行ってまいりました。

気持ちのいい空気に、
緑のあざやかさに、
そして、色とりどりの花たちに、
こんなに、幸せでいいのかなぁ~って感じでした。

目指すは、「やながわ希望の森公園」。
まずは、やはり、私のことですから、腹ごしらえから、始めなければいけません。
本当は、すでに、ランチをすませてはいたのですが、
友人が、「まだ、食べてないのよぉ」という言葉を吐いたものですから、
私のお腹も、何故か、ランチをほしがるモードになってしまいました(笑)

この公園の入り口には、「伝承館」という日本の昔の家を再現した建物があるんですね。
そこに、美味しい「だんご汁」があるんです。
なかなか、風情があって、いいんですよぉ~、これが。
友人は、山菜そば(これも絶品)と、みたらしだんご(これも捨てがたい)を注文。
私は、それを横目に、やっぱり、「だんご汁」を頼みました。

またまた、ふたりして、「しあわせぇ~」!!

そんな、ふたりに、そこのお店のおばちゃんが、
「ちょっと、外に出てこらんしょ。いい音すっからぁ~。」
(訳:ちょっと、外に出てきてごらんなさい。いい音が聞こえるからぁ~。)

外の庭に、こんなものが・・・
d0133863_18482851.jpg


コトン・・・コトン・・・
  ・・・カーン・・・・・・・コトン・・・コトン・・・カーン・・・・・・・・・・・

ええ?なに?なに?
きれぇ~
すっごい、綺麗な音ぉ~~~

おばちゃんが、
「これは、水琴窟って、言うんだぞい。遠くから、わざわざ聞きにくる人もいるんだぁ。」

「水琴窟」(すいきんくつ)・・・・・・・なんて、なぁ~んて、透き通った音なんでしょう。

初めて聞くこの音に、
また、「ありがとう」って、言いたくなりました。

この音との出会いに、感謝するダイアナだったのです。
by date-tori | 2008-05-27 18:48 | 感謝・大切にしたいこと

いとしのエリー

みなさま、こんばんは。

もちろん、みなさまは、「いとしのエリー」は、ご存知ですよね。
サザンオールスターズの無期限活動休止宣言は、
大ファンでなくとも、
さびしく思う方が、たくさん、いらっしゃるのではないでしょうか。

私も、そのうちの一人です。

青春時代に、「いとしのエリー」に出会い、
映画を観て、「真夏の果実」に酔いしれ、
やっぱり、一番心に沁みたのは、「TSUNAMI」でした。

まだまだ、たくさん、心に残る曲があります・・・
♪会いたくなった時に、君はここにいない・・・とかね(笑)

大切に思う「ひととき」を忘れずにいたいものです。

今日は、いつもお世話になっている方の会社を訪れて、
なんと、ランチをご馳走になってしまいました。
それが、外食に行った訳ではなく、
出前をとったわけでもなく、
そこの会社の社員の方たちが、
とても仲良さそうに、
いつものことですからと、快く、手料理を作ってくださいました。

d0133863_001749.jpg


たけのこご飯に、
うにのようなお豆腐、
豚しゃぷに、
ポテトのトマト味パスタ・・・

「大切なひととき」とは、この時をいうんだろうなぁと思って、
心に刻みました。

エリー
my love so sweet

今日も、感謝の気持ちで一杯のダイアナでした。




追伸 伊達鶏さん
    あなたのことも忘れてませんよ。
    
    いとしの ダテトリー!
by date-tori | 2008-05-23 00:00 | 感謝・大切にしたいこと

伊達鶏 と ビートルズ

こんばんは。

先日の休日は、私にとって、とても贅沢な休日でした。
だって、何と言っても、大好きなものを、
二つも満喫したのですから。

「伊達鶏」 と 「ビートルズ」 ですよ。 たまりませんでした。

それも、素敵な友人たちと。

先ずは、近くに住む友人Aさんと、我が家で待ち合わせ。
そして、初めて、そのライブハウスに行くという友人Jさんと、
駐車場で落ち合い、先ずは、伊達鶏を求めて、ドライブ。
Aさんと、Jさんは、初対面。
でも、これが不思議。何だか、その日が初対面とは思えないほど、
二人は、意気投合。
「ご縁」がある方同士は、何かで、すでに、繋がっている感じがしました。

そして、伊達鶏のお店に辿り着きました。
何を頼もうかと、3人でメニューを見ること、30秒。
3人とも、同じメニューに決まり!早い!(笑)

伊達鶏スープの特製ラーメンと、伊達鶏の香味焼丼。 これに、決まり!

「美味しいわぁ。 ダイアナさんの日記を見て、伊達鶏が食べたくて、食べたくて。」とJさん。
「そうなの。スーパーに行っても、伊達鶏が目に入って、思わず買っちゃうの(笑)。」とAさん。

二人は、絶対、素敵な女性に違いない(笑)

そして、いよいよ、ライブハウス。

3人とも、大のビートルズファンで、心うきうき。
コピーバンドの面々も、本物に負けず劣らず、とても魅力的な4人組。
もちろん、日々の生活は、普通のサラリーマン。
なのに、かなり、ビートルズ魂を持って、貴重な時間の中、練習を重ねてきました。

本番。ファンも、ドキドキ。

初めの曲は、Twist and showt!
思わず、キャー!と、心の中で(笑)
完璧に、ファンの気持ちをつかみました。
最後まで、飽きさせない、ドキドキ感。

素敵!2度惚れ、3度惚れとは、このことかしら。

みんなに、「ありがとう~」って、叫びたい気分でした。

伊達鶏よ、ありがとう!
Aさん、ありがとう!
Jさん、ありがとう!
そして、ビートルズトリビュートバンドThe Foesailのみなさま、ありがとう!

この日、心身ともに、綺麗になったと思います!(笑)

まさしく、ダイアナ気まぐれ日記より。
by date-tori | 2008-05-14 22:17 | THE FORESAIL

みなさま、お元気ですか?
もうすぐ、母の日ですね。

普段、照れくさくて、おかあさんに、「ありがとう!」なんて言えない、
なんて、思ってらっしゃる方が、たくさんいらっしゃると思います。
でも、その一言で、大切なお母様の気持ちが、
とても幸せに感じてくれるなら、こんな素敵な贈り物はないですね。

もちろん、贈り物を差し上げれば、ますますお喜びになると思いますが、
「ありがとう」の言葉に勝る贈り物は、ないと確信します。

私が、なぜ、こんなに、強く思うかと言うと、
私の母は、今は、亡くなって、会いたくても会えないからです。

生きているときは、母の存在って、当たり前なんですよね。
いろいろと、心配をかけているくせに、
いろいろと、お小言を言われると、
「わかってるわよ!」なんて、生意気な反応しかできなくて。

今頃になって、
ああ、あのとき、こんなことをしてあげればよかったなぁ、とか。
ああ、あのとき、優しい言葉をかけてあげればよかったなぁ、とか。
ああ、あのとき、もっとそばにいてあげればよかったなぁ、とか。

思えば、とても、後悔することばかり。

でも、悲しんでいたら、天国の母が、それこそ、悲しんでしまいます。
だから、いくら、目に見えなくても、毎日、母に、声をかけます。
「ありがとう!」って。
きっと、通じてると思うと、自分の気持ちが、晴れやかになります。

私の母は、とても、肌がきれいでした。
私の母は、とても、伊達鶏の皮が大好きでした(笑)
私の母は、とても、優しい人でした。
私の母は、とても、可愛らしい人でした。

私の母は、一番、私の大好きな人でした。

みなさん、後悔する前に、
どうぞ、お母様に、心から、「ありがとう!」って、言ってみてください。
素敵な「母の日に」なりますよう、心から祈っております。

私も、母に届くように、大きな声で、言ってみたいと思います。

「大好きなおかあさん、ありがとう!」

ダイアナより。
by date-tori | 2008-05-09 18:52 | 感謝・大切にしたいこと

こんばんは。本日は、大安吉日でした。

そんな日にふさわしく、みなさまに美味しいものをお届けしたくて、
「粟国の塩」のネット販売を始めることになりました。

贈り物と言えば、
大切な「母の日に」・・・
尊敬する「父の日に」・・・
お世話になっているあの方への「お中元に」・・・と続きます。

もちろん、贈り物だけではございません。
大事なご自分のためにも、「粟国の塩」を頂いてみてください。

「粟国の塩」は、沖縄海塩研究所 小渡幸信さんの
「塩」への深いこだわりから生まれた自然海塩です。

古代から続く日本の製塩法に基づいて、化学製品を用いずに、
100%海水から手間ひまかけて作っております。

海のミネラルバランスがそのまま保たれているので、
微量元素がたくさん含まれているのです。
人間の体液と海水のミネラルの構成比は、ほぼ同じです。
つまり、ミネラルは、生命体を維持するのに欠かせない、とても大切な成分です。
味わいはとってもまろやかです。
素材の美味しさを引き立てる力があるのです。

そして、「粟国の塩」が炊き上がった時にできる天然のにがり、
「粟国のにがり」は、生成りの明るい褐色が特徴です。
「粟国の塩」同様、お料理にも、お肌にも、植物にも、とてもいいのです。
どうぞ、安心してお料理にお使いくださいね。


「粟国のにがり」は、こんなことにお使いくださるといいんですよ。

ごはんを炊くとき、3合に、1、2滴入れてください。美味しく炊き上がります。
野菜の煮物などにも、2、3滴入れていただくと、味に深みが出ます。
ジュース、コーヒー、お酒、ワイン、ビール等のお飲み物にも、1、2、滴を。
  風味がアップすること、間違いありません。
お風呂に、大さじ1、2杯を入れてみてください。お肌に最高ですよ。
植物への水やりにも、水で2000倍に薄めたにがりを使うと、
  ミネラル効果で生き生きしてきます。


ダイアナに騙されたと思って、どうぞお試しを(笑)
みなさまの幸せを心から祈っております。
お体を大切に・・・
by date-tori | 2008-05-03 00:17 | おいしいもの

みなさま、こんばんは。
ゴールデンウィーク、真っ只中ですね。
楽しんでいらっしゃいますか?

いろいろな楽しみ方があると思いますが、
「食べる」ということは、必需品ですね(笑)

そんな皆様のために、
「鶏料理てん」でも、「カフェお膳マリアージュ」でも、
心をこめて、皆様に美味しいものを提供いたしております。

「鶏料理てん」では、
ファミリーでお越しの方には、「だんらん御膳」と、
女性のみなさまには、「カラダ美人レディースコース」を用意して、
みなさまのお越しをお待ちしております。
この、「カラダ美人」のメニューは、ほんとに、体に優しいメニューで、
もちろん、美味しくて、たまりません。

私が大好きな「じゃこのヘルシーサラダ」と、
私がこよなく愛する「お茶漬け」があります。
私は、すっかり、「カラダ美人」になりましたよ(笑)
ほんとうですよ。

先日、とても、嬉しいことがありました。

大好きな友人と、大好きなお店に立ち寄り、
大好きなお酒と、大好きな鶏料理をいただいたんですね。
そして、大好きなゆで卵をいただいていたりして、
たまたま、めがねをはずして、お隣のお客様の方へ、顔を向けてお話したら、
その方が、なんと、

「え?あなたって、すごく、綺麗な方なんですね。」って。
私の方が、「え?」って感じ(笑)

私は、あまり、「綺麗」と言われたことがないので、
(幼い頃から、姉の方が綺麗で、私はコンプレックスを持っているので)
驚いたのと、半分嬉しいのと、半分可笑しいので、
大笑いしてしまいました。

なのに、そのお客様が、盛んに、
「いやぁ~、こんなに綺麗な人、はじめて見た。
 すごい、あなたは、綺麗ですよぉ~。」って、また、おっしゃってたりして。

まあ、当然、そのお客様は、かなり、お酒で、酔っていたのもありますが、
嘘でも、そこまで、誉めていただくと、
女は、嬉しいものですよね。
私は、生まれて初めて、こんなに、「綺麗」を連発していただいたので、
「日記に書いておこう!」と、誓いました(笑)

そして、そのお客様がお帰りのとき、
また、私に向かって、
「すいません、もう一度、めがねをとっていただいていいですか?」って。

本当に、ありがとうございます。
私は、幸せ者です。
きっと、鶏料理てんの「からだ美人」を食べたからだわと感謝いたしました。

でも、そのときのめがねは、
最近購入した、とっても、お気に入りのめがねだったんですよぉ~。

ちょっぴり、複雑な気持ちでした(笑)

もしかしたら綺麗なダイアナより。
by date-tori | 2008-05-01 00:41 | 伊達鶏